スマートフォンに入れるべきアプリとは?

スマートフォンが主流になりつつある昨今の状況で、仲間内でも話題になるのが便利なアプリの話。

 

便利なアプリに関しては雑誌でもよく紹介されているので、最近議論になったのは暇つぶしをするのにおすすめのアプリの話。

 

友人は、ゲームアプリがすぐ始めてすぐ終われる点で優秀であり、次点はSNS関連のアプリだと言っていました。

 

私としてもこの二種類のアプリを、暇つぶしの手段として頻繁に使いますが、「初めての人とチャット」というアプリもなかなか面白いです。

 

このアプリは、ランダムに繋がる相手とチャットをする、というもの。

 

電車で少しの間チャットをする等、暇つぶしには最適なアプリです。

 

ランダムに繋がった相手とは、再度繋がることはない、というのも気軽にチャットでき、なおかつ運命を感じる楽しさ要素だと思っています。

 

お勧めです。

 

 

スマホの魅力はエリア内であれば場所を選ばずネットにアクセスできること

2012年3月よりガラケーに変えてスマートフォンのiphone4sに機種を変更しました。それまでは小さいディスプレィで文字入力も難しそうなので敬遠していたのですがiphoneをどうしても使ってみたくなりドコモからソフトバンクに乗換えたのです。
定額制によりインタ−ネットにつなぎ放題なのでパソコンと同じ画面を見ることが出来ます。いろいろなホームページをパソコンでなくてもスマートフォンで見れるのは画期的なことだと思いました。
それまでのガラケーでも見ることは一部出来ましたがピーシービュアの契約が必要でした。スマートフォンであれば料金を気にせず見ることが出来ます。
何よりも家の中でなくてもエリア内であれば外ででもサイトにアクセス出来るのが魅力でした。
パソコンと同期をして使用すればパソコンで受信したメールをスマートフォンで読むことが出来ます。パソコンが無いとメールが読めないと言う不自由さから解放されます。
地図機能は優れものです。観光地などで目的地を歩いて回るのに今までは事前に地図で調べて現地では人に尋ねるというパターンが多かったのですが、スマートフォンの地図機能があれば道案内をしてくれます。ディスプレィに表示される通りに歩けば目的地にたどり着けます。
あっちこっちと無駄に動き回ることが少なくなりました。
但し、地図機能の操作に慣れないと役に立ちません。何回も使ってみることが必要です。
ガラケーでは各通信会社は通話プランに無料通話を設定していましたが、スマートフォンではそれが無くなりました。
その結果、通話料が高くなり毎月の請求額もガラケーに比べれば高額になってしまいました。
スマートフォン同士でお互いに同じアプリをインストールしていれば無料になったり、毎月の定額料はありますが何処へ電話をしてもIP電話と
同じ料金でかけられるアプリがあります。その様なアプリを利用することにより、通話料の節約になります。

トップへ戻る